ユニクロで買ってはいけない物品? メンズファッションコラム

この間、インフォメーションHPで面白い報告が紹介されていました。
題して『ユニクロで「これを買ってはいけない!」カテゴリー』
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1366579?news_ref=w_topics
ユニクロは、生産による節電で、高品質な製品を安く販売するお店として有名ですよね。
(節電のあおりで、担当はかなり酷使されているが、最近はどうなんでしょうか…)
そんなユニクロも、おしゃれなどの観点から見れば、「古臭い」物質も確実にあると思います。
報告中で紹介されていた、買ってはいけないカテゴリーは…
◆ユニクロで「買ってはいけない」喪失小物 WORST 5
●1程度 デニムシャツ(バイトーン)2,990円
流行のバイトーンだが、寧ろ心残り色あいに。ユニクロがオシャレ狙いになると失敗する第一人者シチュエーション
●2程度 ツイード外套(ヘリンボーン)7,990円
クオリティが可愛らしくパッと見の景色もいいのに、ラインがダサく袖を通すとオジン臭がする
●3程度 スリムフィットストレートジーンズ 3,990円
サイズ空気が中途半端で、同じ細身デニムもスキニーのほうが形もラインも◎
●4程度 ウォームイージーカーゴ 1,990円
裏地がフリースで防寒性は優秀が、太いラインになってしまい、下半身が厚く感じる
●5程度 ヴィンテージベルト 1,990円
革製品はクオリティが大切。ユニクロの革ベルトは形がシンプルなだけにクオリティの安っぽさが際立つ
全体的に辛口なんですが、いくつかの共通点がありますね。
この報告か紹介していますが、おしゃれに置いて大事なのは「クオリティ、形、ライン」です。
ユニクロの場合、ここが心残りことが多いんですね。
クオリティは、Tシャツやトレーナーなどは案外いい物質も多いですが、”高級感”という点では全く見劣りするし、Tシャツもベタベタ分厚かったり、ダサい物質も多いです。
形は…これはなんでしょうか、デザイナーが大してイケてるとは思えないものが多いですよね。
ユニクロは出だし気質がないのが売りだったような気がするのですが、気質を持たせようと形に嵌ると、とたんに”独特”なものが出来上がっている気がします。。
そしてライン。これがベストダサイですね。
ユニクロの場合、徹頭徹尾”カジュアル”というか、オフのお父さんが楽に着られるアパレルというのがメイン目標ですと思います。
そのため、形は基本的にダボッとしてあり、ビールおなかの中年でも着られるような身幅、着丈となっているものが多いです。
サイズなどにもよりますが、メンズファッションの場合、基本的にはスリムなラインのほうがオシャレに見えるので、
ダサいラインは古臭い、というか中年ぽく見える。
中でも、2程度に挙げられていらっしゃるツイード外套などは、完全に定年後の旅行道程に参加して来るおじいさんが着ている物質ですよね。
さて、散々な語調になってしまいましたが、これで締め括るのは正当ではないというので、
個人的に、ユニクロで買ってもいいとおもう製品も紹介しておこうと思います。
ひとまず、元報告の中でも紹介されていますが、ここでは我々個人の考えで買ってもいいものを考えました。
●ヒートテックインナー
薄手で、着ているだけで優しい。冬には手放せない小物になってきつつありますね。
薄手なので着ぶくれしにくいことも誘惑です。
「ヒートテックも寒い!」については、行動製造元から遥かに高性能なインナーが発売されているので、そちらをオススメします。
●フリース(部屋着として)
冬の部屋着としてならフリースはベストというのではないでしょうか。
優しいし、動きやすいし、丸々寝ちゃってもあまり大丈夫ですよね。
これを着て外部にでるとき、どうすればオシャレになるのか、我々にはまだまだ見つかっていません。
●ウルトラライトダウン
レギュラーの防寒トップスというより、かばんのなかに放り込んでおいて、寒い場合羽織れるトップスとして非常に手軽
毎年是正が繰り返しられていますし、小さくてかさばらないからインナーダウンとしても活用できますね。
ただし、その的中っぷり故に、他人とカブリめくるは要点しなくてはいけません。
以外、ユニクロファンの方が見たら甚だしく怒られそうな報告になってしまいましたが、ユーザビリティやリーズナブルだけでなく「おしゃれ」の観点からも、ユニクロを見ておる報告は強敵なかったので、紹介させて頂きました。