メルトン布地の良さってなーに?

冬物のトップスではダッフルコートやP上着などが常識ですが、
そういった品を探している瞬間、かならず耳にするのが「メルトン布地」という申し立て
ふと感触は付くと思いますが、メルトン布地ってどんな布地なんでしょうか?
メルトン布地は
メルトン布地は、毛織物を縮絨(しゅくじゅう)させた後に、
表層を起毛させて織り匂いが目立たないようにした布地のことです。
ずいぶん難しいですが、とどのつまり
布地の密度を高めて、防風性、耐久性、保温性などを高め、見た目の高級感を持たせた布地
のことです。
近頃は、ウール根本といっても、ウール100百分比ではなく、アクリルやナイロンが混紡されているものが多くあります。
これらは根本に化繊を混ぜて安価にしたものが押しなべて。
化繊の混紡%が良いほど、手触りが悪くなったり、チクチクしたりするようになります。
また安価な代物は縮絨の精度も低結果、保温性がおっきいかわりに上着の荷重がきついなど、弱みもあります。
安価な物は化繊が多く、ただでさえガサガサしているのに加えて、
布地の織りが粗い結果やはり布地の密度が薄く気密性が薄くなり、
保温性が安いのを補う結果布地を太くせざるを得なくなります。。
よって別途ガサガサ空気が増して仕舞うという行き詰まりに陥ってしまうのです。
これに対して高級なメルトン布地は、縮絨精度の高さによって手触りがずいぶん素晴らしく、柔和で軟らかい布地。
再度厳しい保温性、防風性を実現しながら、荷重もとても小気味よいものが多いです。
掘り出し物は必ずウール100百分比とかというとそうでもなく、スタイル取得のために10百分比階級化繊を混紡やる品物もあります。
しかし、手触りのよさはてんで劣化していないんですね。
冬のトップスはそんなに頻繁に買い換える品ではないので、
わずかくらい額面が高くても長く着れる高品質のものを選ぶといいと思います。